クリニックで受ける事

アートメイクの施術に関しては医療機関の間でも賛否が分かれるところですが、麻酔薬を含めて各種病気に対応できるための対処法は多くのドクターがしっかり心得ていますから、クリニックで受ける分には事故の報告はありません。しかしながら専門の医療行為以外にメイクの技術も必要とあって、医師の中にはアートメイクの実施をためらう者も多いのです。

ゆえにクリニックのすべてがアートメイクをできるわけではありませんから、専門医を見つける手間が生じます。エステサロンの方が正規価格よりも安い価格設定でのサービス提供をしているゆえに、つい安さに惹かれて違法なアートメイクを利用してしまう人が増えています。その内容を見るとずさんな衛生管理や医師からみると、とても医療行為からはほど遠い未熟な施術が行われている実態があります。

アートメイクは必ずクリニックで受けましょう。他で失敗した場合の除去施術もレーザーでできますが、その場合も徹底した安全管理の下で行えるのはクリニックです

様々な意味で考えてもクリニックでアートメイクを受ける方が、最初は料金が高いと感じてもトータルで考えた場合、リスクがかなり低減されますし料金的にも無駄な出費を避ける事ができます。

使用色素は世界基準

アートメイクで使用される色素素材は世界基準で安全と認められた化粧品が素材となっており、医師免許を持つ者限定で入手できるものです。実際海外からの輸入に頼っているのが現状ですが、メーカーから直接購入する際には医師免許の有無が確認されてからでないと売ってもらえません。色素素材は直営店もしくは代理店からの購入が標準となっています。

皮膚に色素を針で埋め込んでいきますから表皮の薄層に入れると言っても、広義のタトゥーになります。針は1回の施術ごとに使い捨てである事はもちろんの事、クリニックでは徹底した衛生管理の下で行われますし。しっかりとカウンセリングを行い、リスクと安全性に関する丁寧な説明がされますし、施術の際には基本的に麻酔を施して行われます。

アートメイクの色素素材には鉄分が多く含まれていますから、MRI検査を受ける際にまれに火傷などのリスクを負う事があります。医療機関の中にはアートメイクを施している人からのMRI受診をお断りする場合もありますが、冷却用具を部位に当てての受診も可能である事が専門医の実験で明らかになっています。MRIの担当医に事前にアートメイクをしている旨を必ず伝えてください。

施術中に痛みや異変を感じたらすぐに医師に伝えてください。きちんと対応してもらえます。

アートメイクの安全性

アートメイクの魅力はすっぴんのままでいられる事とメイクにかかる時間が省略できる点です。特に共働きや子育てをしながら就労している女性たちにとって、朝の超多忙な時間帯を少しでもゆとりを持ってすごせる事は夢のようでしょう。それほど無理をしてメイクが必要なのかとの疑問も浮かんできますが、すっぴんに自信が持てない女性にとって、何よりも怖いのは男性の目です。きれいにメイクをした女性を高く評価する意識がある限り、女性とメイクは永遠に切り放す事はできません。

しかしながらアートメイクは皮膚内部に化粧の粉を針で埋め込んでいく施術ですから、完全に医療行為になります。アートメイクはクリニックで受ける限り安全です。クリニックですと万が一の時の処理も側対応可能ですし、充分な薬品や器具を備えての施術になりますから安全性が高くなります。しかしながらメイクという分野との合体であるゆえに、医療技術だけではなくアートとしての側面も兼ね備えていなければなりません。当然ながらメイクのプロと連携しての施術になります。

エステティックサロンでの医師免許のないアートメイクが横行して、トラブルが相次いでいます。医師免許のない者が医療行為であるアートメイクを施術する事は違法であり、警察での取り締まりの強化により摘発されるサロンが急増しています。料金の安さだけで安易にエステサロンでの施術を決めないようにご注意ください。

アートメイクで使う色素の多くが海外からの輸入に頼っているのですが、正式に医師免許を持っている者でしか入手できない流れが増えてきています。サロンで使われる色素素材は、危険な偽物である可能性があります。